馬プラセンタor豚プラセンタ?

馬プラセンタor豚プラセンタ?

プラセンタは美容効果も健康効果も高い成分であることが言われていますが、プラセンタにも種類があるということをご存じでしょうか。
豚や馬、海洋性、植物などあらゆるプラセンタがあります。その中で常に話題になるのが、豚と馬ということが言えます。
豚と馬のプラセンタにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

豚は1年間に2回出産する機会がありますし、全国で生息している(飼われている)豚も多くいます。
対して馬は1年間に1回しか出産することはできませんし、妊娠期間も11ヶ月と長く、人間と似通ったものがあります。

 

また、馬プラセンタに使用される馬の多くは国内産のサラブレッドということが多く、北海道の馬ということが多いようです。
北海道のストレスの少ない広大な土地で育っているプラセンタはそれだけで成分の内容が良さそうということが言えます。

 

これに対して豚の育つ環境は狭い豚舎に入れられて育つことがほとんどですから、ストレスは多くあります。
また、豚は育つ環境もあってか病気になりやすいと言われています。馬はこれに対し健康に育つ傾向が高いのです。
病気になれば動物でも薬品を使用することになります。やはり、使用するプラセンタは健康な動物のものが良いと誰もが思うことでしょう。